本文へスキップ

   月に1000人以上の患者さんが来院する鍼灸院
         信頼と実績の開業13年目

日本初 医師と鍼灸師が運営する鍼灸院

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.042-559-8720

〒1970-0825 東京都あきる野市雨間382-14


 042-559-8720

治療院案内clinic guide

治療方針

当院では現代医学、東洋医学両者とも重要であると考えており、両者の考えを統合し治療しています 
それぞれの考え方を簡略的に説明しますと

現代医学では痛みの発生場所の詳しい原因を推察します。東洋医学では痛みの発生の原因を他との関連を考え、推察します。両者とも重要であり、どちらも有効に使うべきだと考えます。
当院での治療は全体治療を基本としており痛い部位が、なぜ痛みが起こったのかを考え、痛い部位の治療と関与するところ、つまり痛みの原因も同時に治療します。鍼は痛みの場所と離れた場所のツボを用いて治療する事もあり、必要であると考えれば頭から足まで治療します。
<東洋医学治療の特徴>
東洋医学は西洋医学に対して、東洋の医学のこと。主に中国や朝鮮半島で発達したものを指します。中国では中国医学(中医)、日本では、漢方ともいい、中国で発達し2千年以上の前から、漢民族が持っていた医術です。日本にも4世紀の末、聖徳太子の頃に伝来し、江戸時代にオランダ医術(西洋医学)が導入されるまでは、漢方が医療の中心でした。 今の日本で東洋医学と言えば鍼灸(物理療法)と漢方(薬物療法)を意味します。鍼灸(しんきゅう)とは、身体の特定の部位に鍼や灸を用いて皮膚または経絡に刺激を与えることで病気を治す伝統中国医学の治療法をいう。その特徴として全身を見て治療を行う。現代医学も全体を見ていないわけではないが、伝統中国医学は病気を判断する際「証」という概念で治療方針を決めます。
 

東洋医学の病気の捉え方

洋医学では 病気を診るときに病名ではなく証というもの を立てます
症状や病名が同じあって も証が一緒とは限りません。証が違えば治療の場所や鍼の長さなども異なります。そのため証を立てるために痛みとは一見関係のなさそうな睡眠、食欲、大小便 の状 態、月経の状態、食生活なども聞いたりします痛みを起こす原因はさまざまなものと関連しており、生活習慣や生活環境、精神状態、遺伝的要素、気象などいろいろな物が関与し、痛みの引き金となります。それらをひも解いていき痛みを引き起こした真の原因を探り、治療します。
よって東洋医学では病名にこだわらず、症状や全身の状態を総合的に捉え、何らかの治療法を見出します。
しかしながら、初期がんや急性の腹症、感染症など一刻を争う病気は西洋医学に基づいた治療のほうが有効であり、即効性があります。鍼灸も万能ではなく病気によっては他の病院を紹介するこ ともあります。ただし、急性期の症状でも鍼灸が適応している症状もあ ります。
状態により、よりベストな方を薦めたいと思います。
では具体的に東洋医学の診察とはどのようなものがあるのか?例えば、東洋医学の診察法のなかに四診というのがあります。望診、聞診、問診、切診という4つの診察法です。どのような方法なのか?まず望診について、これは患者さんを顔色や皮 膚の色や舌の色や苔の状態を診ます。次に聞診、これは患者さんの声や呼吸お腹の音を聞き、体のにおい、排泄物など嗅覚を使います次に問診、こ れは読んで字のごとく患者さんに聞きます。病気の状態や先に述べた睡眠や生活習慣などをみます。次に切診、これは患者さんのお腹を診ます。これは腹診といい、他に脈をみる、脈診があります
このように、 東洋医学の診察法はあらゆる五感を使い診察します。故にいろいろな情報を必要とします。そして、患者さんの体の気を診ます。それらいろいろな情報を統合し、証を立てます。つまり、受ける側も病気を治す気がなかったり、他力本願であったり、施術 者側の一人よがりであったりしては治療成果もよくありません。患者さんと施術者側で協力し合い、改善しようとすことが大切だと思います。

東洋医学は病名を診るのではなく、人を診るものであります。東洋医学には鍼灸と漢方があり、それぞれに良いところがあり、場合によっては漢方の優れている場合や併用した方がいい場合は専門の病院を紹介したりしています。東洋医学の治療の対象と西洋医学の治療対象にも違いがあります。例えば、不定愁訴など多くの症状を持っていながら病気とは診断がつかない症状や、病気ではなく慢性的な疲労など病気になる前の段階の未病に対する治療、な ど鍼灸は病気にならないよう防ぐという考え方もあります。現在、鍼灸の適応症として一般的に知られている鍼灸の適応症であるものは、肩こ り腰痛などは一部であり、実際の鍼灸はいろいろな症状や病気にも対応しています。