本文へスキップ

医師と鍼灸師が運営するAPグループ 株式会社APメディカル 株式会社APキュア 株式会社APLIFE

TEL. 042-559-8720

〒197-0825 東京都あきる野市雨間382-14

会社方針

会社方針

当社は、鍼灸師と医師により経営する新しいタイプの会社です
東洋西洋両者の医学の叡智を生かす会社であり、その実現のため新しい形態で運営しております。

     健康への架け橋
「理念」

当社は、人間が豊かな生活をするにあたり最も重要テーマは健康であると考えます。

当社が考える健康とは、病気にならない事。つまり予防すること又は病気を治すこと。
当社では、医療分野として医療国家資格者である鍼灸按摩師による、予防医学、治療医学を基本とした事業とし、健康への架け橋を目指します。

CEO紹介

      
   
 APグループ代表 高橋俊夫  APグループ副代表 医師 木
        
  APグループ 組織図
 株式会社APメディカル 株式会社APキュア   株式会社AP LIFE
  の3社で運営しております
  
当社が株式会社の形態を選択した理由

私は最初個人で開業しました。開業に必要なのは医療の技術だけあればと思いこんでおりました。

しかしながら、開業し患者さんに来て頂けるようになっても鍼灸師の医療的地位や社会的認識などは僕が想像している以上に厳しい物があり、また医療と言うのはいかにリスクを事前に考えるかが大切な事が痛感させられる経験が沢山ありました。

弟子を育成するにあたっても技術的に成長をさせてもそれが開業で成功するとは限らず、その後もサポートが必要であり、個人での限界を痛感させられました。

株式会社で医療と聞くと金銭的な事を中心に運営するため医療本来の本質からそれてしまうのではないかと思われがちですが
本来会社を運営する事とは社員全員で力を合わせ、同じ目的意識を共有しながら目的達成を目指すために努力します。
それらを実行する際にはリスクの回避は最も重要であり、
医療も同様で患者さんがよくなるように協力し合い、リスクの少ない選択をし、最良と思われるものを提供していく事であると思います。
真剣に会社を運営する事は真剣に医療をすることと相通じるところがあると私は信じています。

ですから当社は経営陣に敢えて親族運営ではなく、医師を入れ、従業員でも優秀であれば経営もしてもらいます。
そうする事により、より多角的視野が増え、リスクの回避のみならず、新しい発想 新しい知識 経験が加えられます。

医療はチームで行うものだと思います。単独で自分の治療が正しいと信じ込むのではなく、各専門 知識 経験者が集まり
最善の物を提供すべきだと思います。

それは経営も同様であり、同じ立場の医療者だけが集まるのではなく、違う立場の意見を聞く事により
よりよい運営が出来ると信じており、このような形態と取るに至りました。

また、株式会社を選択することにより、医療法人ではできない事もできるようになります。
組織の構成の自由など制約を受けずに自由に機関設計運営できるため、柔軟に多岐にわたる問題に対応できます。
そのため、今後多くの新しい医療の在り方を挑戦していければと思います。

会社沿革

2003年4月
あきる野市にて秋川治療院開設
2009年4月
法人化 株式会社APメディカル設立
2009年8月
青梅市に東青梅治療院開設
2010年7月
あきる野市にかりゆし治療院を開設
2011年4月
往診事業部を開設
2011年6月
健康商品開発 肩枕
2012年11月
子会社 株式会社APキュア 設立
2013月4月
往診センターを開設
2012年4月
マッサージ店マッサージキュアを開設
2013年5月
子会社 株式会社APLIFE 設立
2013年5月
漢方薬の薬店 AP医薬店を開設
2013年6月
中野鍼灸院を開設
2014年4月
かいゆし治療院 AP医薬店を閉鎖
2015年9月
東横INでのリラクゼーションを開始

バナースペース

スマートフォン版サイト 

株式会社APメディカル

〒197-0825
東京都あきる野市雨間382-14
TEL 042-559-8720 
FAX 042-559-8720

子会社 株式会社APキュア

〒198-0042
東京都青梅市東青梅1−6−12 
エスカイア100 1階

TEL 0428-21-0068
FAX 0428-21-0068

子会社 株式会社APLIFE

〒197-0825
東京都あきる野市雨間382-14
TEL 042-559-8720 
FAX 042-559-8720