本文へスキップ

東洋医学を学び活用するための協会 AP ORIENTAL ASSOCIATION

薬膳部門

薬膳 中医学を学びたい方へ
取得可能資格
 
薬膳アドバイザー 中医薬膳指導員 国際中医薬膳師 薬膳入門講座 AP中医薬膳スクール

<薬膳とは>
■薬膳学とは
薬膳学とは、中医学理論に基づいて弁証施膳するもので、”薬食同源・医食同理”の原則に基づき中医営養学と料理学を運用し、様々な食物と中薬を正確に組み合わせることでその効用を発揮させ、疾病を予防、治療、または健康回復、強身益寿を目的とするものである。
薬膳学は、栄養提供の”食”と治療作用の”薬”を含み、薬と食の結合した特殊食であるため、中医薬学理論を基にしている。

■薬膳と食養
歴代の食療法は、『薬膳』『食養』『食治』『食療』という名称で記載されてきた。『薬膳』の名称は《後漢書 烈女伝》に最も多くみられる。
『薬膳』は中薬成分を含み、防病作用のある特殊な膳食であり、必ず食療の効能を持つ。

(以上テキストより抜粋)

少し難しく書いてありますが、基本的には「中国伝統医学に則って各食材(または中薬)を適宜組み合わせ、食事として頂く」ということになります。食材には効能(現代栄養学がいう三大栄養素やミネラル、ビタミン等とは違った観点からみる)があると考え、それを中国伝統医学の考え方により組み合わせを考え、食べる人の体質や状態に合わせて作られたオーダーメードの食事です。
それゆえ「旬のものを食べればよい」「あったかいものを食べれば冷え性が治る」といった類のものではなく、食べる人の体質に合わせて作られた独特のものであります。
まず食材には「五性」と言われる性質があり、「温性」「熱性」「寒性」「涼性」「平性」に分けられます。食べることにより身体を温める力を備えた食物(温熱性食物:たとえば山椒、にんにく、マッシュルーム等)と、食べることにより身体を冷やす力を備えた食物(寒涼性食物:たとえばホウレンソウ、セロリ、茄子、トマト等)があることを知らなければなりません。
また食物には必ず味がありますが、この「食べた時の味だけ」で分類はしません。
もともと中国古典医学には中薬の持つ甘・辛・酸・苦・咸(塩辛いの意)の「五味(食味)」が五臓(中医学でいう体の働きを5つに分類したもの)の働きとつながっているという法則があり、薬同様、食物にもこの五味理論が踏襲されています。五味理論でいう「甘」の意味は味の甘さの意味以外にも、栄養成分を吸収させやすい環境を作り出す働きがあるとか、痙攣や麻痺を緩和する働きがある等の働きも含むため実際の味が甘くなくても「甘」カテゴリーに入っているものは多くあります。
このように薬膳は「五性」や「五味」その他様々な食材の性質を利用して組み合わせていきます。また身体の見方も中国伝統医学を基盤としてみていきます。
当校では薬膳の施膳これら中医学理論の基礎を学ぶことに重点をおいて学習を進めていきます。薬膳の考え方は食材の性質、人体の見方などがまったく現代医学とは異なります。「中医学的に良い状態」とされるのは「中庸=つまりバランス」が大切だと説いているのです。
日本人にとってあまり身近ではない考え方ですが、これを取り入れることによって皆様の生活の質が向上することを願っております。

講座案内

講座案内のチラシダウンロードはこちら→中医薬膳スクールチラシPDF 

当校では現在4つのコースをご用意しており、そのうち受付中のコースは2コースです。
それぞれ特徴がありますので適したコースを選んで受講して下さい。
現在配布中のチラシを掲載しておきますので必要な方は上記から印刷してください。


現在受付中のコースは①薬膳入門コース、②薬膳アドバイザーコースです。
以下に簡単にコース内容を説明致します。

<現在受講者募集中のコース①②>
①薬膳入門コース:薬膳や中医学が初めての方、少し学んだことがあるがもう一度学んでみたい方など初心者向き。特別な資格は全くいりません。資料はこちらで配布致しますので特に必要ありません。薬膳ってどんなもの?興味があるけど長い講座はちょっと。。という方にどうぞ。

②薬膳アドバイザーコース:①薬膳入門コースと対象の方は同じです。初心者向き。もう少し全体的に詳しく学んでみたい方向き。とてもわかりやすい(文字も大きいです!)教科書に沿って、ゆっくりと進んでいきますのでご心配はいりません。

<来年度よりスタート予定の資格取得希望者向きコース③④>
③中医薬膳指導員コース:初心者でも十分ついていける、全般的に学べるおすすめのコースです。季節の薬膳などデモも行いますので薬膳の基礎が学べます。薬膳の成り立ちを勉強するにはこれが一番よろしいかと思います。60時間の履修後、受験対策セミナー(二日間)を受講し中医薬膳指導員試験を受けて合格した者に証書を発行致します。勿論受験対策セミナーや受験は希望者のみですので、60時間の講座受講だけでも大丈夫です。しかし対策セミナーを受けると頭の中がまとまり、また受験勉強(! 大丈夫、難しくありません!!)することでさらに頭が整理されることと思います。

④国際中医薬膳師コース:このコースは「北京中医薬大学日本校」の薬膳講座を一年受けることでしか受験資格が与えられないものでしたが、当校の講座と北京中医薬大学日本校(水道橋にあります)の講座を両方受けて頂くことで受験資格が得られることになりました。中医薬膳指導員資格同様、講座受講後国際中医薬膳師試験を受験し合格することで資格が得られます。薬膳を本格的に学ぶのであれば、是非ここまでやっていただきたいと思います。

当校でご用意したお好きな薬膳コースで楽しく学んで、薬膳の考え方を是非とも日常に取り入れていきましょう。一見難しそうですが、大丈夫、慣れてくると楽しくなってくるものです。皆様とご一緒に中医学的な健康というものとはなんなのかということをみていければと思います。講座で皆様とお会いできますことを楽しみにしております。

当校の特徴 AP中医薬膳スクール 

当校は「医師と鍼灸師が運営する会社 APグループ」が主催する、東洋医学の講座を主体とした学校です。東洋医学を基盤とした治療法として当社は鍼灸治療院を複数運営しております。その中でも関連の深い中医薬膳の講座を運営して参ります。鍼灸や薬膳を正しく普及するためまたレベルアップを期待し当方で適宜水準を設け、これを満たした方々に認定証書を出す仕組みとなっております。これを行うのは「AP東洋協会」とします。

上記のうちこちらは中医薬膳を中心とした学校です。 薬膳は一般家庭での食事から体調管理まで幅広く使用できるものです。薬膳はただのお料理ではなく漢方薬や鍼灸などの基礎学問である「中国伝統医学」を基礎とし、「陰陽五行論」その他の哲学を学び食材を組み立てるものであります。ですからまずは基礎理論である中医学を学ぶ必要があるのです。 一般の方がこれを学ぶ場合とても苦労するに違いありませんが、そこは担当の者がわかりやすくゆっくりとご説明致しますのでご心配なさらないでください。一般の方でも理解できるよう進めて参ります。 鍼灸師の方も現在は学校内での東洋医学の教科書は中医学ですし、患者様に日常の食生活など指導される場合に薬膳の知識があると大変心強いと思います。体調の悪い方も食事の改善で随分変わることは沢山経験しています。鍼灸治療をされている方以外にもとても興味深いのではないかと思います。

当校では講座内容のレベルによって「(初心者向きから)入門→アドバイザー→指導員資格→国際中医薬膳師資格」と段階を経て学べ、レベルと資格の有無が選べるようにしてあります。全体像をお知りになりたい方、最初から長期の講座に入るのが不安な方は「入門」から、薬膳全般を一通り簡単にやりたい方は「アドバイザー、薬膳初級をしっかりやりたい方は「薬膳指導員(受験すればライセンスが取れます)」、薬膳のプロとしてしっかりと学びたい方は「国際中医薬膳師(指導員同様受験で資格が取れます)」が適しています。 それぞれご自分に合ったものを選んで、楽しく学んでいきましょう

AP東洋協会

本部事務所 秋川治療院
住所 〒197-0825
東京都あきる野市雨間382-14
℡042-559-8720 fax042-559-8720
   
薬膳部門 事務所 東青梅治療院
住所 〒198-0042
東京都青梅市東青梅1-6-12エスカイア1001階 TEL 0428-21-0068

鍼灸部門 事務所 中野鍼灸院
住所 〒196-0034
東京都昭島市玉川町5丁目17-15
TEL 042-519-8536 FAX 042-519-8536